ご挨拶

一般社団法人 日本社会投資家協会

代表理事  佐藤 泰平

この度は日本社会投資家協会のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
代表理事の佐藤泰平と申します。

私は両親の仕事の関係で、海外で生まれ育ちました。
そして、今現在も海外に関するビジネスに携わっております。

私自身が海外投資・国内投資を行う中で感じるのは、
日本人のマネーリテラシーの低さです。
日本では「投資は特別なもの、限られた人のもの」
という考えが根付いていることを実感させられることが、非常に多いのです。

なぜ、日本人はマネーリテラシーが低いのか。
それは子供の頃からの教育によるのではないかと感じております。

実際、私が育った海外では、小学生の頃から「お金」の勉強を学校で教えていました。
海外の子供たちは、幼い頃から「通貨の価値」「お金の使い方・運用の仕方」
をしっかり教育されているのです。

一方、日本はどうでしょう。
小学校でお金の運用まで学ぶ機会は設けられていない、というのが現状ではないでしょうか。
このような教育格差から、海外の方々とのマネーリテラシーの差が生まれていると思うのです。

中国華僑の方々や諸外国の方々が海外でビジネスや投資をし、活躍されているのも、
その頃からの教育があるからでしょう。
今になって日本は、海外とのマネーリテラシーの差が歴然と出ているのです。

昨今、マネーリテラシーの低さから、投資案件で騙されている方からの相談が後を絶ちません。
私は、そのような方を「救いたい」「知識を身につけていただき、騙されることを防ぎたい」
という思いから、日本社会投資家協会を立ち上げました。

「ただ投資をする」「自分の資産を守る」

それだけでなく、社会貢献によってその周りの方々も幸せになることができたら、
こんなに素晴らしい事はありません。

佐藤泰平