日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • アジアビジネス
  • >
  • 東南アジアの経済成長率
  • 東南アジアの経済成長率

    2019/09/27  アジアビジネス

    移住先として人気を集めるカンボジア

    日本ではテレビ番組なので多くの支援を行なってきたことから、
    その他の国に比べ発展途上の国といったイメージを強く持たれていますが、

    政府の統計によると、
    現在15万人以上の外国人がカンボジアへ移住しています。

    なぜカンボジアなのか?

    アジアで最も低い生活費の1つであることで知られているカンボジアは、
    リタイア後の移住先として多くの人気を博しています。

    例えばプノンペンでの生活費について、
    1人あたりの月額料金は535.99ドル(家賃を除く)、
    生活費指数は47.85(ニューヨークと比較し52.15%低い)という
    データが発表されています。

     

    生活費指数から見た比較

    世界の国や都市の生活費(Cost of Living)について、
    データを比較・共有している情報によると、

    2019年中期の世界の生活費指数が、
    東南アジア9か国の中でシンガポールが最も生活費が高い国としてランク付けされ、
    次にタイ、ミャンマー、カンボジアが続いています。

    これを見るとあなたも頷ける結果ではないでしょうか?

    この調査は、食料品、衣料品、水道光熱、家賃、交通、などのコストに基づき、
    世界中の136ヶ国がランク付けされているもので、

    算定方法は各項目ごとにニューヨーク市のコストを
    100としてどれだけ安いかを数値化し評価しています。

    世界と比較するとどうなるのか?

    世界各国と都市がランク付けの対象となっており、
    国別では136カ国中シンガポールが12位と東南アジアの中でもっとも生活費が高く、
    次いでミャンマー64位、カンボジア65位、ブルネイ73位、マレーシア87位、
    ベトナム95位、フィリピン97位、インドネシア98位と続いています。

    このデータを見てわかるように、
    東南アジアは世界的にも生活コスト低いことがわかります。

    今後の展望

    生活費という面も1つの魅力ですが、
    ビジネスに置き換えてみるとこれだけ外国人の移住や観光客が増加することで、
    インフラが整備され、外貨が集中することで更なる経済発展が予想されます。

    実際にカンボジアは、
    2018年の経済成長率が東南アジアで1位となっており、
    驚異的な速度で発展を遂げています。

    今後の東南アジアにも是非、
    注目していただければと思います。

    この記事を書いた人
    投資家 太郎
    投資家太郎

    メディア編集デスク(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    可能性と懸念の両面を持ち合わせるラオス人民民主共和国への投資は、どう考えればいいでしょうか。基本的な情報も含め、まとめて...

    複雑な事情を持つミャンマー連邦共和国。ミャンマーへの投資の可否は、どのように考えるべきでしょうか。今後の経済面も踏まえて...

    注目が集まる前に投資を検討したいスリランカ民主社会主義共和国。神秘の国ですが、これからの投資先としての魅力はどうなのでし...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.