日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • マネーリテラシー
  • >
  • 女性必見!年金の平均額は?
  • 女性必見!年金の平均額は?

    2018/11/29  マネーリテラシー

    女性の皆さん、年金についてどのくらいご存知でしょうか?老後の生活費として、まずまっさきに考えるのは、「年金」ではないでしょうか? かといって、今払っている公的年金が、実際にどのくらいもらえるのか、イマイチよくわからないですよね…。とはいっても、「年金って将来もらえないんじゃないの?」そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。確かに、少子高齢化によって今のシステムでは、将来もられる年金が少なくなってしまう可能性も高くなっています。ですが、全く年金がもらえないかといえば、そうではありません。制度としてある以上、年金はちゃんともらえます。かえって、もらえない可能性があるからとまったく年金を払っていないと、いざ老後に必要となった時に年金を払っていないためにまったくもらえない…といった恐ろしいことになる可能性もあります。

    また、女性の場合は、独身でいる場合と結婚・出産した場合では、年金の種類から違ってしまうため注意が必要です。そこで、今回は、そんな女性の年金について、平均額や注意点などお話しさせていただきます。

    そもそも「国民年金」と「厚生年金」の受給額の平均は?

    国民年金は、男女平均で約5万5千円!

    さて、まずはそもそも、国民年金と厚生年金の受取額の平均はどのくらいなのでしょうか?公的年金には大きくわけて、国民年金という国民全員加入することが決められているものと、厚生年金といって会社員・公務員がプラスで加入するものがあります。(自動的に)

    では、自営業の方などが受け取る「国民年金」と会社員が受け取る「厚生年金」について、月の平均受給額をみてみましょう。

    「平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」(厚生労働省)の中で、実際の公的年金についての平均受給額が記されていますが、国民年金では男女平均で月額55,244円となっています。

    表1(引用元)厚生労働省「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」

    厚生年金は、男女平均で約14万7千円!

    また、以下の表を見ると、厚生年金では月額147,872円となっています。

    表2(引用元)厚生労働省「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」

    女性の厚生年金の平均額は…約10万円!

    そのうち、厚生年金の場合は、男女で比較してみると給料にともなって受給額も変わってくるわけですが、所得の低い女性の方が受給額が少ない傾向があります。また、年代によって受け取る額は異なりますが、女性の場合は60歳から約5万円ではじまり、65歳以上では約10万円といった平均額で受給しているようです。満額が65歳からだとすると、約10万円平均額となります。上記でみてきた受給額の平均が14万7千円だったのにも関わらず、女性単独となると10万円にまで下がってしまうんですね。

    表3(引用元)厚生労働省「平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」

    女性の年金の特徴とは?~生活パターンでさまざまな年金区分に!

    女性の年金の場合、男性と異なる性質があるとすれば、「人生の中で年金の種類が変化する」という特徴があげられると思います。どういうことかというと、女性の場合は、結婚することでさまざまな生活パターンにわけられ、それもずっと同じわけではなく行ったり来たりしながら変化します。

    実は、国民年金には「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」という種類があり、結婚・出産がきっかけで会社員をやめた場合などに変更しなければならない場合が多く少々めんどうなのです。

    以下の図1・図2(厚生労働省のHP)は、国民年金・厚生年金などの体系図が書かれていますが、そのなかの国民年金の区分も記されています。

     

     【国民年金・厚生年金の体系図】

    日本に住んでいる20歳~60歳未満の男女が加入するのが「国民年金」で、必ずすべての人が加入するものにあります(1階部分)。また、会社員や公務員の場合は、国民年金にプラスして、自動的に厚生年金に加入することになります(2階部分)。

    【公的年金の区分】

    図2(引用元)厚生労働省HP「いっしょに検証!公的年金」

    ★公的年金の種類

    第1号被保険者…自営業者・無職・学生・フリーター

    第2号被保険者…会社員・公務員

    第3号被保険者…会社員・公務員の妻(専業主婦orパートなどの低収入)

     

    つまり、結婚した場合、女性の年金の区分は、

    ・【夫婦ともに自営業者である場合】→妻も自営業者のため、国民年金「第1号被保険者」

    ・【夫が自営業者で、妻は専業主婦の場合】→妻は無職のため、国民年金「第1号被保険者」

    ・【夫が会社員or公務員で、妻も会社員or公務員の場合】→妻も会社員で共働きのため国民年金「第2号被保険者」

    ・【夫が会社員or公務員で、妻が専業主婦の場合】→妻は無職だが、夫が会社員or公務員のため「第3号被保険者」

    ★女性(妻)が加入する公的年金の受給

    第1号被保険者→20歳から毎月年金を定額負担し、将来は国民年金のみの受け取り。

    第2号被保険者→会社員or公務員に就職してから退職まで給料に応じて負担し、将来は国民年金+勤めていたときの厚生年金。

    第3号被保険者→結婚するまで勤めていた場合は、厚生年金の受け取りも可能。結婚後は、夫の扶養となり基本的に年収130万円未満が条件。将来は国民年金を受け取る。

    もちろん、女性が独身の場合は、自営業者であれば第2号被保険者、会社員であれば第2号被保険者となります。しかし、女性が結婚した場合、家庭の状況で第1号~3号被保険者の間を何度もいったりきたりする可能性も十分あります。そのため、払いこむ年金額も定まらず、将来受け取るときに当初思っていたよりも少なくなってしまうこともあるので注意が必要です。また、家庭の環境の変化で、いちいち変更の届出をしなければいけませんが、めんどくさがって手続きをしなかったりすると、結局将来年金を受け取る額が少なくなってしまう可能性もあります。変更の届出は自発的に行うもので、行政の方では自動的にやってもらえるものではないので、忘れずに行いましょう。

    【年金メモ】

    結婚や転職、家庭状況で年金の手続きの変更がある方は、間違いや手続きのもれがないよう、「日本年金機構」のサイトで登録してチェックするようにしましょう。(http://www.nenkin.go.jp/

    【まとめ】女性の年金の平均額は「約10万円」&年金変更の手続きにご注意を!

    女性の年金の平均額は、約10万円ぐらいということがわかりましたが、正直これだけでは老後の生活は送ることが難しいですよね…。ですので、年金をもれなく払い込むことはもちろんですが、それにプラスして老後に備えての貯蓄をする必要があるでしょう。また、上記でみてきた通り、女性は独身か結婚するかによっても違いますし、結婚しても共働きしている場合や、出産や子育てで仕事ができなくなったりと、仕事の有無の状況もさまざまです。

    家庭が忙しいため、年金の手続きをついつい後回しになってしまい年金を払い忘れていたり、「まぁいっか」と楽観視していると、いざ将来年金が必要となったときに思っていたよりももらえず生活が困窮してしまう危険性もあります。くれぐれもそんなことがないように、日ごろから年金について意識して生活することが大切です。以上のことに気をつけて、楽しい老後を過ごせるように今から備えていきましょう。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    初心者におすすめの投資…?そもそも、皆さんは「投資」と聞いてどんなイメージを持ちますか?日本では、投資教育が行われていな...

    投資をして収入を得る、というとどういったものが思い浮かぶでしょうか?不動産の家賃収入や株式の売買で得られる利益など様々な...

    株式投資をする際に、好きな企業になんとなく投資する…ということはあまりありませんよね。どうしても応援したい企業ならともか...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.