日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • マネーリテラシー
  • >
  • 初心者のための「株式投資」のやり方とは?
  • 初心者のための「株式投資」のやり方とは?

    2018/11/29  マネーリテラシー

    初心者の株式投資ってどんなやり方があるのでしょうか?株式投資をしてみたいが、投資初心者でやり方がよくわからない…、初心者でもわかりやすい株式投資のやり方ってあるのだろうか…。そんなお悩みの方へ向けて、初心者でもできる株式投資のやり方のポイントをお話し致します。

    投資初心者のための株式投資のやり方①…目的をもってのぞむ

    まず、初心者が株式投資を行う上で、最初に意識しないといけないことは、まずなぜ投資をするのかということ。おそらく投資を行いたいと思っているということは、銀行の預金などではいっこうに資産が増えないため、資産を増やしたい、お金を増やしたい、そういう目的があるからですよね。
    ただし、逆に「絶対に資産を減らすことはできない」といった切羽詰まった感覚で投資を行うことは危険なことでもあります。なぜなら、銀行預金は自分の預けたお金を減らすリスクはありませんが、投資の場合は反対にかけた投資額が減ってしまうというリスクもあるからです。その大前提を踏まえたうえで、どういった目的で投資を行うのか、短期的に行うのか、中長期的に行うのか、老後の資金のために行うのか…など目的を明確にする必要があります。

    投資初心者のための株式投資のやり方②…「ゆとり」をもってのぞむ

    特に初心者の場合は、右も左もわからない状態でいきなり大きな収益を上げようとしても無理があります。そのため背伸びして資産を大幅に増やそう!と最初から意気込んでしまうととんでもない落とし穴にはまってしまう可能性がありますので、金銭的にも精神的にも余裕をもってのぞむことが大切です。
    また、ゆとりをもって投資を行うためには、投資にまわすお金の限度額を決めておくということも大切。これは人によって基準はさまざまですが、例えば50万円までとか、あるいは貯蓄の○%までとか。ボーダーラインを決めて、もし損をしたとしても通常の生活はできる目安を決めておくことが大事です。

    投資初心者のための株式投資のやり方③…リスクを理解する

    では、株式投資を行うと決意したら、どうしたらいいのでしょうか?いきなり株を購入する?…いやいや、少々お待ちください。まずは、実際始める前に株式投資の仕組みやメリット・デメリット(つまりリスク)を知る必要があります。

    ●初心者必見!そもそも「株」とは?

    まず、「株」とは何かを理解する必要がありますよね。会社は、手元のお金だけではなく、投資家からお金を集めてそれをもとに事業を拡大することができます。それが「株」という会社の経営権利を会社が発行して、その「株」を投資家に買ってもらい会社のお金を集める方法になるわけです。そして、事業が成功した場合、会社は投資家へ「配当金」「優待」のような利益の一部を還元します。株を買った投資家のことを「株主」と言います。

    ●初心者必見!株式投資の仕組みとは?

    「株」は将来的に事業が成功した場合、株の価値がどんどん高くなっていくということになり、逆に事業に失敗した場合は株の価値がどんどん下がっていくということになるわけです。この株の価値のことを「株価」と呼びます。つまり、将来利益が上がりそうな会社を見つけ、株が安いときに買い、将来その株価が上がったときに、手元にある株を売る。そうすれば、買取額と売却額で差額が発生するため株主の利益となるわけです。これがいわゆる「キャピタルゲイン」という利益になります。
    また、利益が上がった場合、会社から「配当金」「優待」という、いわば“ボーナス”のようなものを受け取ることができます。これが「インカムゲイン」という利益になります。こちらは、会社によってまちまちでどのような配当額や優待があるかは選ぶ会社で異なります。優待も自社製品だったり、割引券、金券などいろいろなパターンがあります。毎年行う会社もあれば、一切行わない会社もあります。一般的には投資家は、キャピタルゲインで利益を得ることが目的で、インカムゲインは臨時収入といった考え方が多いでしょう。

    ●初心者必見!株式投資のメリットとは?

    上記の仕組みでお話ししたように、株主になることでその会社の株価があがればキャピタルゲインの利益が手に入ります。また、日本企業の場合は、インカムゲインも毎年行うところが多いため、そういう意味では、事前にしっかり調べればインカムゲインだけで利益を安定的に上げることも可能です。

    ●初心者必見!株式投資のデメリットとは?

    デメリットは、投資していた会社が業績悪化や倒産といったリスクがあることです。投資額が大きいほど、そうなってしまった場合、買値より下がってしまい買い手がつかなくなり、ただの紙切れとなってしまう可能性があります。

    投資初心者のための株式投資のやり方④…分散投資しよう!

    ここまで、株式投資の仕組みを見てきましたが、基本的に「投資はリスクがつきもの」です。いつもすべてがうまくいくとは限らないのです。その上で、上手に投資を行い、利益を得るためには、テクニックが必要となります。では、どのように行えばいいかというと、「分散投資」をすることです。
    これは、文字通り分散して投資することで、ある特定の企業にだけ狙いを定めて投資をするのではなく、複数の会社に投資をすることによってリスクを分散するということです。こうしておけば、1社が仮に業績が悪化したり最悪倒産したとしても、他の会社が利益を上げた場合、その分にあてることができるからです。
    また、業績不振のリスクだけでなく、どの企業が将来的に大きな収益が上がるかをなかなか見定めることは難しいですよね。初心者に限らず投資のプロでも同じこと。たとえ投資になれてきたとしても分散投資という視点はなくさないようにしましょう。

    投資初心者のための株式投資のやり方⑤…少額で始めよう!

    また、上記の説明を理解した上で、実際に投資を行う際気を付けなければならないことは、投資を行う額を少額で始めるということです。すぐ大きな収益をあげたいと大量に株を買ってしまい、その後その会社の株価が大幅に値下がりしてしまったら…考えただけでも恐ろしいですよね。そんな最悪な事態を起こさないためにも、少額で投資するのがポイントです。最近では、500円からできるものもありますし、1万円からできるところも多いため、初心者でも気軽に始められる環境もそろっています。あまりびくびくせずに、少額で始めてみて、慣れてきたら少しずつ増やしていく方法をオススメします。

    【まとめ】初心者は、「株式投資への理解」「分散投資」「少額投資」が鉄則!

    以上、初心者が行うべき株式投資のやり方を説明してきましたがいかがでしたでしょうか?漠然と株投資で資産を増やしたい、収益を上げたいと考えているだけでは大変危険であり、そう簡単に増やせるものではありません。投資を行うということは、資産を増やせるという可能性も高いが、必ずリスクがあることも理解しなければなりません。
    自らの投資目的をはっきりさせ、貯蓄と投資とのバランスを見極め、その上で投資のルールやテクニックを使い行なわなければならないのです。ですから、初心者は「株式投資のメリット・デメリットを理解」し、投資先の「分散」を行い、「少額」で行う必要があります。投資初心者のみなさん、ぜひ以上の3つのやり方を頭に入れて株式投資に挑戦してみてください。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    年収は、務める会社によって差があります。上場企業3239社の平均生涯年収は、2億1,765万円(東洋経済オンライン「生涯...

    「毎月100万円を稼ぐには?」 「毎月100万円入るなら、それはいいことだけどね」 これを見て、そう思ったあなた。他人事...

    老後に支払われる積立式の「国民年金」。ほとんどの人が年金は納めているはずですよね。 2007年、政権交代のきっかけともな...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.