日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • マネーリテラシー
  • >
  • 初心者のための仮想通貨のリスクと対策の仕方
  • 初心者のための仮想通貨のリスクと対策の仕方

    2019/01/06  マネーリテラシー

    仮想通貨による億り人が誕生したり、最近何かと話題の仮想通貨ですがその実態はどうなのでしょうか。仮想通貨はチャートの上げ下げを予測して投資するだけなので、一般人でも参入しやすい分野です。短期間で倍の価値になったり、簡単に利益を上げることができるように見えます。しかし仮想通貨は投資対象の一つなので、そこには必ずリスクが存在します。この記事では、仮想通貨には一体どんなリスクが存在するのか、そのリスクに対する対処法に関しても解説していきます。

    仮想通貨のリスク1 一瞬にして資産がマイナスになる可能性も

    値段の上げ下げが大きい

    仮想通貨のリスクの一つとして、値段の上下の幅が大きいということがあります。投資したコインが短期間で大きく跳ね上がることもありますが、その一方で一瞬にして暴落してしまうというリスクを忘れてはいけません。株式投資では価格が一定の範囲を超えて変動した場合に、相場を安定させるために取引所が取引を一時中断してくれるという制度があります。しかし仮想通貨にはそういった制度がありません。株式投資の場合は万が一損失が起こっても2割程度で済みますが、仮想通貨の場合は資産が一瞬にしてマイナスになることもあります。そういった事態を避けるために、仮想通貨には下落のリスクが必ず存在するということをしっかりと計算に入れて投資を行いましょう。具体的には株式投資と同じように、分散投資を行うことです。一つのコインに絞って一発逆転を狙って投資するのではなく、様々なコインに分散して投資を行うことが大切になります。そうすることで一つのコインが暴落しても、その他のコインに分散していれば資産を守ることができます。

    24時間体制で取引がされている

    仮想通貨の取引所に取引中止の時間帯は存在しないため、24時間体制で取引が行われています。そのためあなたが寝ている間に、大きな値動きがあれば一瞬にして資産が失われてしまう可能性もあります。これに対する対策方法として、全資産をつぎ込まないように注意するということです。素人の人ほとやりがちですが、今あるお金のうちほとんどをつぎ込んで一発逆転を狙う人がいます。確かに当たった時の利益は大きいですが、外れた場合のダメージは計り知れません。あなたの全財産が一瞬にして消えてしまう可能性もあります。仮想通貨に投資を行う場合は熱中しすぎないように、仮になくなってしまっても構わないと思える程度の金額で楽しむことです。株式投資と同じように仮想通貨のチャートも、毎日下がったり上がったりの繰り返しです。価格が下がったからといってその日は気分が落ち込んだり、次の日は上がって嬉しい気分になったりといったことを繰り返していては精神衛生上よくありません。毎日チャートをチェックして気になってしまう気持ちはわかりますが、あまりのめり込みすぎないようにしましょう。

    仮想通貨のリスク2 詐欺やハッカーによる被害

    あなたの資産が奪われるリスク

    仮想通貨の取引は、オンラインでの取引となります。メールアドレスとパスワードであなたの口座を管理することになりますが、オンラインで資産を保管しているとログイン情報がハッキングされるリスクがあります。少額の資産であればハッカーに狙われる可能性は低いものの、全く可能性がないわけではありません。

    取引所でのハッキングリスク

    多額のお金が集まる取引所では、日常的にハッカーからの攻撃が行われています。取引所のハッキング事件で有名なのは、日本ではテレビCMも行っていたコインチェックでしょう。その被害総額は560億円とされており、流出を受けてビットコイン以外の全ての通貨で売買や入出金が停止されました。幸いにもコインチェックはNEMの保有者に対して460億円超を自己資金によって返金すると約束しましたが、そのような保証が必ずしもなされるわけではないことを肝に銘じておきましょう。2014年にはマウント・ゴックス取引所で465億円がハッキングされ、その後マウント・ゴックスは経済破綻しました。

    フィッシング詐欺の危険性

    フィッシング詐欺は様々なサイトで存在する詐欺ですが、仮想通貨の取引所でも起こる可能性は十分にあります。普段使っているサイトと同様のデザインを装い、私たちのログイン情報が盗まれ、いつの間にか資産がなくなっていたというケースがあるのです。対策方法としては、予測されにくいパスワードに設定することと、パスワードの保管方法にも気をつけましょう。

    仮想通貨の詐欺被害の可能性

    現在は仮想通貨ブームで、どこを見ても仮想通貨の話題やニュースで溢れています。このようにみんなの注目が集まると、ブームの周辺では素人からお金を奪おうとする悪い輩が必ず存在します。「これをやれば毎月◯◯円の利益が入ってきます」「月利20%も儲かります」と言った、通常ではありえないほどの高額な配当金がもらえるといった勧誘です。最初のうちは利益が出ているように感じますが、最終的には業者と連絡が取れなくなったり、お金がなくなってしまったというケースがほとんどです。対策方法として、冷静に考えてありえないような高額な配当金の投資勧誘があったら詐欺であることを疑いましょう。仮にお金を投資するか迷っているのであれば、その会社がきちんと存在するのか、経営は良好に行われているのかをしっかりと調べてから判断するようにしてください。最初から楽してお金を儲けようという姿勢は、詐欺師からカモにされます。仮想通貨に投資しようと考えているのなら、自分でしっかりと勉強したり少額から実践を行うなどして学びましょう。

    詐欺コインやICO詐欺の不正横行

    詐欺コインでは、「今後価値が値上がりする」「今のうちに投資したほうがいい」といった謳い文句であなたのお金を奪おうとします。ビットコインのような値上がりを夢見てお金を投資した結果、最終的には詐欺だったというケースも後を絶ちません。続いてICOによる詐欺被害ですが、まずICOが何なのか分からない初心者の方のために簡単に説明します。仮想通貨の用語として、ICOとIPOという言葉があります。IPOはイニシャルパブリックオファーの略で、新規株式公開という意味です。それに対してICOはイニシャルコインオファーの略で、証券取引所では上場してないけれど仮想通貨の技術を使って資金調達することです。ICO詐欺では、ここに資金を投入して騙された日本人が多いです。

    仮想通貨のリスク3 税金の徴収と法整備が整っていない

    仮想通貨で得た利益は、確定申告の際に報告する義務があります。しかし仮想通貨は近年一気にブームとなったため、2017年の確定申告の段階では役所の人自体もよくわかっていないケースもあるなど混乱していました。そして驚くべきことに仮想通貨で得た利益ですが、雑所得として最高で半分以上も税金で取られてしまいます。そのため億り人と騒がれましたが、1億円利益を得たとしても手元に残るのは半分以下の45%の金額になります。対策方法としては日本円の利益として確定しなければ、その年の課税対象にはなりません。しかしそのまま保有していたとしても、コインの価値が下がってしまえば利益もその分少なくなってしまいます。とはいえマイナンバー制度も施行され、税金から逃れることは難しい状態です。利益を確定したら、正しい金額をしっかりと報告しましょう。そして不明な点があれば、税務署の職員に確認をして報告を行いましょう。また新興市場である仮想通貨は、まだ法整備がしっかりと整っていない状態です。そのため以前はできていたことが、法律の規制によって禁止されてしまうといったことも起こっています。さらにコインチェックの事件以降、仮想通貨の認定取引業者になるための審査が厳しくなりました。日本で有数のウェブ企業であるサイバーエージェントも仮想通貨取引業者の申請を行っていましたが、認定期間が長くなることを理由として撤退しました。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    会社のために毎日一生懸命働いているのに、なぜか給料が上がらない。どうして私たちの給料は安いままで、上がらないのでしょうか...

    目次1 なぜ投資初心者は失敗するのか1.1 1、 プロとフォーカスしている視点が異なる1.2 2、いくら儲かるのかしか見...

    目次1 海外銀行口座を持つメリット・デメリット2 なぜカンボジアなのか?3 カンボジア銀行口座を持つメリット3.1 米ド...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.