日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • マネーリテラシー
  • >
  • 初心者におすすめの投資とは?
  • 初心者におすすめの投資とは?

    2018/11/29  マネーリテラシー

    初心者におすすめの投資…?そもそも、皆さんは「投資」と聞いてどんなイメージを持ちますか?日本では、投資教育が行われていないからか「ギャンブルっぽい」「損しそう」「難しそう」「リスクが高い」「なんだか怖い」といったネガティブなイメージが先行しているように思います。初心者であればなおさらそういったイメージが先行し、なかなか踏み込めない方が多いのではないでしょうか。ですが近年、老後の備えや貯蓄などのために投資を前向きにとらえる方が増え、また少額投資も増えてきているため一般の人でも「投資」が注目されてきています。そこで、今回は初心者におすすめの「投資」とはどういったものかお話ししましょう。

    初心者におすすめの投資の種類や方法とは?

    さて、初心者におすすめの投資といっても、投資自体が何なのかわからないとどうしたらいいかわかりませんよね。そこで、簡単に投資の種類をご紹介しましょう。

    ①預金

    え?と思われた方、無理もありません。「預金」とは単に自分の口座にお金を預けていると思っている方が多いからです。実はこの「預金」、貯金をしていると見せかけて「日本への投資」と言えるわけです。というのも、私たちの預金で、銀行が日本国債を買っているから。実は、私たちはすでに投資を行っていたんですね。
    その一方、「外貨預金」というのをご存知でしょうか?これは円以外の外国外貨に換えて預金することで資産を運用します。世界の為替相場によって相場が変動するため、円高の時に預け入れを行い、円安の時に引き出すことでお金を増やすことができます。

    ②投資信託

    投資信託とは、投資家からのお金をもとに専門家が資産運用し、その損益を分配するものです。専門家が運用するため、投資に対して知識が少ない方でもはじめやすく、さまざまな種類があるため人気があります。
    ただし、プロに任せるため手数料などがかかるため注意が必要です。また、株式・債券・不動産など多数を組み合わせて「パッケージ化」したバランス型投資もおすすめです。

    ③株式投資

    「株式会社」という通り、企業が発行する「株」を買うことで「株主」はさまざまな権利を持っています。そして、株主は会社の経営参加や、会社からの優遇があるだけでなく、株を売ることで売却益(キャピタルゲイン)を得ることができます。つまり、会社の株価が安い時に株を買い、株価が上がった時に売ることで利益を得ることができるのです。株式投資を個人で行う場合には、株の値上がりを常に意識して取り組まなければなりません。

    ④不動産投資

    不動産投資とは、アパートやマンション、駐車場などの土地や貸倉庫などのオーナーとなって賃料をもらうというもの。オーナーとなるために、どこの土地を購入し、建物の建築費・修理費など多くの資金は必要となるものの、毎月の賃料が安定して入る可能性が高いのです。ただし、賃料の値下げや建物の老朽化に伴う修理費、空室対策、賃料の未回収など問題が発生することも多いため注意が必要です。

    ⑤年金投資(個人型確定拠出年金・個人年金保険)

    老後の貯蓄のために、いわば「年金投資」をする方も増えています。これは公的年金ではとても将来が不安な方のためにできた私的年金制度です。具体的には、「確定拠出年金」と「個人年金保険」。
    個人型確定拠出年金(iDeCo)は、自分自身で掛け金を出し、自分で運用や掛け金の配分を決めるものになります。つまり、将来受け取る年金は、自分の決めた運用次第で変わります。
    一方の個人年金保険。こちらは、民間の保険会社が行う金融商品で、老後に年金として受け取ることを目的に保険料を積み立てます。固定金利型で将来もらえる額がわかっているものと、積立利率変動型というその時の金利状況でかわるものがあります。また、そのほかに「変額年金」という保険会社が運用し、運用結果によって金額が変動するものがあり投資信託のような保険もあります。

    ⑥債券投資

    債券とは、国・地方公共団体・企業などが資金を集めるために発行する証券のことで、国・地方公共団体が出すものを「公債」、企業が出すものを「社債」と呼びます。また、外国で発行される債権もあります。いわば債券とは「借金の証文」のようなもので、その債券を買うことで国や企業などにお金を貸すことになります。
    債券投資とは、「お金を貸して株式と混同されがちですが、あらかじめ満期日が決められ、金利も決められているため、株式投資のように値動きに左右されることはありません。

    ⑦FX

    FXとは「外国為替保証金取引」「外国為替証拠金取引」などとも呼ばれるものです。つまり、円をドルなどの外国通貨に換える際に発生する差額で儲けるもので、それを繰り返すことで資産を増やす方法です。FXは少額から参加でき24時間取引できるため始めやすいとも言えますが、為替の乱高下に左右されてハイリスクハイリターンのため高額取引には注意が必要です。

    ⑧ビットコイン

    「ビットコイン」は最近聞く言葉ですが、何のことかご存知でしょうか?これは、インターネット上で取引される電子通貨であり、「仮想通貨」と呼ばれるものの一種です。一種というのはどういうことかというと、ビットコインのような仮想通貨は複数あり、中でも有名なのがビットコインというわけです。
    ビットコインはインターネット上に存在している取引所でビットコインを購入し、それを他の通貨で換金して儲ける仕組みです。また特定の国家や銀行などに依存しないため、世界的な金融危機に直面しないと言われています。ただし、ハッキングにあって改ざんされたり、取引所が破綻してビットコインをひきだせないといったビットコインが消失するリスクもあるため、ビットコインが信用のある通貨かどうかいまだ未知数と言えるでしょう。

    ⑨金投資

    金と聞いて、マンガやアニメに出てくるイメージもあるかと思いますが、れっきとした投資対象です。というのも、昔から通貨として使われていた通り、金そのものに世界的な価値があり安定したものであるため価値がなくなることはありません。そのため、世界情勢が不安定な時期には金の価格が上昇する傾向があります。ただし、ドルでの取引になるため為替変動のリスクがあり、また他の金融商品のように利息や株式配当のようなものはありません。短期的に利益がほしいというものではなく、長期的な資産を目的に始めるのがよいでしょう。

    ⑩商品先物取引

    普通私たちが買い物をするときは、商品の代金を支払って商品を同時に受け取るというのが通常ですよね。一方、「商品先物取引」」というのは、先にあらかじめ「いつ」「いくらで」「どのくらいの量」の商品を売買しましょうという約束をする取引になります。なので、実際に支払う日に、約束した当初よりも商品が値上上がりしていた場合は“お得”に買うことができたことになりますし、逆に値下がりしていた場合は購入金額よりも安いため“損”をしたことになるわけです。期間内であれば売買は自由ですが、株などとは違いずっと保有したままにすることはできないので、より積極的な姿勢で取り組まなければなりません。

    初心者におすすめの投資方法は、ズバリ「投資信託」を選べ!

    では、このいろんな投資の種類の中で、初心者におすすめの投資とはどれになるかというと、ズバリ「投資信託」になります!初心者というのは投資に関して右も左もわからない状態ですよね。その投資に関してよくわからない素人が、投資のリスクも考えず自分の意思決定のみで投資を行うのは大変危険だからです。
    また、投資信託というのは、当然銀行預金よりも高リターンを見込め、他の投資を自分で行うよりもリスクが低いという点があげられます。というのも、完全に個人で運用しなければならない投資方法だと、常に経済動向のチェックや自分の投資先の株価変動に気をつかい、さらに投資を始めるにあたって資金が必要な場合も多いからです。その点、投資信託の場合は投資のプロにおまかせするため、自分で一から運用するという精神的プレッシャーも少なく、また始める額も少額から始めることが可能です。たいていは1万円程度、最近では500円・1000円といった少額からできる場合もあります。その上、特定のものだけでなく、いろいろな銘柄を組み込んでいるため、リスクを分散することができます。つまり、リスクは最小限で、かつ、それなりにリターンを得ることができるのです。
    また、投資信託には、次のような種類があります。

    ・バランス型投信…株式投資を抑えつつ、株式・債券・そのた短期金融資産への分散投資
    ・株式型投信…主に国内の株式で分散投資
    ・アクティブ型投信…ベンチバーク(TOPIXや日経平均などを指標)以上の高い収益を目的とした攻めの投資
    ・REIT(リート)…不動産に投資

    大まかに分けてこのような種類がありますが、投資信託の種類はとても豊富なため、自分の目的に合わせて商品を選ぶことができます。また、分散投資をするため短期売買をすること必要がなく、ゆったりした姿勢で取り組めるのも初心者にはおすすめのポイントとなります。

    【まとめ】初心者におすすめの「投資信託」で資産運用を!

    ここまで、「投資」とは何か、「投資の種類はどんなものがあるか」、その上で「初心者におすすめの投資」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 投資がそもそもどういったものなのか、これから投資をしたいがイマイチどうしたらいいかわからない…といった方には、投資のイメージが見えてきたのではないのでしょうか?まず、投資を行う上で大切なのは「自分は投資の初心者である」という認識を持つこと。行き当たりばったり、その場しのぎ、なんとなく…といった投資方法ではリスクが高くとても危険です。また、そういった独りよがりな投資では精神的につらくなる可能性も高いでしょう。そういった意味で、まず投資のプロにまかせる「投資信託」を選び少しずつ投資に挑戦し、長期的な資産運用を考えてはいかがでしょうか?

     

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    老後に支払われる積立式の「国民年金」。ほとんどの人が年金は納めているはずですよね。 2007年、政権交代のきっかけともな...

    にわかトレーダーでは稼ぐことは難しい。少ない元手から始めて、短期で大きなリターン狙いの可能性があるのはFXや株のトレーニ...

    リフレーション、もしくはリフレ政策という言葉をご存知でしょうか? バブル崩壊から、日本はデフレーション、いわゆるデフレに...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.