日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • マネーリテラシー
  • >
  • 貯金と投資はどっちがお得?投資で貯金するための方法
  • 貯金と投資はどっちがお得?投資で貯金するための方法

    2018/11/30  マネーリテラシー

    将来に向けてコツコツとお金を貯めているけれど、投資にも少し興味がある。でも投資で失敗している人の話も聞くし、結局のところ貯金をしている方が着実にお金が貯まるんじゃないだろうか?この記事は、そのように考えている人にとってきっとお役に立てるでしょう。投資と貯金の違いから、それぞれの個人に合わせた投資と貯金のベストバランスの出し方、その運用方法について解説しています。あなたのお金を上手に運用するためにはどうしたら良いか、記事を読み進めてみてください。

    投資と貯金の違いとは?

    投資と貯金の違いをそれぞれ一言で述べるなら、お金を運用することと貯めることです。

    貯金

    お金を銀行に預けたり、貯金箱に貯めることを表します。一般的には銀行や郵便局の口座にお金を預けておくことを指します。お金を貯めた分だけ金額は増えるけれど、大きくお金を増やすことはできません。

    投資

    運用して利益を増やすことを目的として、事業や金融商品に資金を投じることです。
    投資先の運用がうまくいった場合は大きく資産を増やすことができますが、失敗して元本割れする可能性もあります。

    貯金と投資はどっちがお得

    貯金と投資でどちらがお得なのかといえば、投資の仕方や投資方法によって変わるため一概にどちらがお得かは言えません。しかしお金を増やすという視点であれば、投資の方が増やせる金額は大きくなります。なぜなら貯金では、あなたが預けた金額しかお金は増えないからです。つまり毎月10万円貯金できる人と2万円しかできない人では、お金が貯まる金額は多く貯められる人が多くなることは当然です。

    その原因は低金利にある
    銀行にお金を預けていると1年に1度、預けている金額に対して利息が支払われます。以前はその金利が高かったため、お金を貯金するだけでもお金が増えていきました。
    しかし現在は皆さんもご存知の通り、低金利の時代です。ゆうちょ銀行を例にすると、金利は通常貯蓄「0.001%」で、定額貯金は「0.01%」となります。100万円を1年預けたとすると、

    普通貯金 100万円は0.001%の金利で、1年後に10円の金利
    定期預金 100万円を0.01%の金利で、1年後に100円の金利

    この状態で100万円を10年預けるとすると、
    普通貯金 100万円は0.001%の金利で、10年後に100円の金利
    定期預金 100万円を0.01%の金利で、10年後に1,000円の金利

    となります。この数値を見ると、受け取る金利よりもお金を送金したり時間外に引き出す時の手数料の方が高いですね。以上のように低金利の時代では、お金を貯金しているだけではお金を増やすことは難しいのです。一方投資では、投資先や運用方法によっては毎月2万円の金額でも10万円貯金している人よりもお金を増やすことが可能です。
    さらにインフレの時代が到来するとお金の価値が下がるため、貯金しているだけでは資産が目減りしてしまうという意見もあります。

    貯金の弱点はインフレ

    元本割れするリスクのある投資に比べて、貯金は安全にお金を貯めることができます。せっかく投資したお金がなくなってしまうくらいなら、コツコツと貯金していた方が安全だと考えるのは当然です。しかし最も安全だと考えられる貯金にも、実は弱点があります。それは国の経済が、インフレーションになった時に起こります。インフレ(インフレーション)になると、お金の価値が下がってしまいます。わかりやすく解説すると、これまで100円で買うことができたジュースが、120円、130円と言ったように今まで以上のお金を出さなければ買うことができなくなるからです。そのため将来に向けて貯金をしていたとしても、インフレが起こってしまうと貯金したお金の価値が半分以下に下がってしまうことも考えられます。日本では現在少子高齢化が進んでおり、それに伴い労働力が減るため生産力、国力が減少していきます。国力が下がると、円の価値が下がって円安となります。今まで100円で購入できた商品が、140円出さなければ買えなくなってしまうのです。今すぐインフレになるわけではありませんが、将来インフレに陥ってしまう可能性は十分にあるのです。実際に日本の投資家の7割は、インフレが起こる兆候を感じているという調査結果も出ています。それでは将来に向けて、今後私たちはお金をどのようにすれば良いのでしょうか。

    投資をするなら長期投資がオススメ

    投資では貯金するよりもお金を増やすことができますが、元本割れのリスクもあるということを忘れてはいけません。元本割れのリスクがあるのなら、堅実にお金を貯めておく方が良いのでは?と思うのは当然のことでしょう。しかし投資の運用方法によってはより安全な方法で、貯金するよりも高い金利でお金を増やしていくことは可能です。
    投資にはリスクがあるものの、全ての投資が元本割れしてしまうわけではありません。投資で失敗したという話の多くは、短期投資でのハイリスクハイリターンの商品です。そのため貯金から投資することに挑戦してみたいと考えているのであれば、短期投資よりも長期投資の方がオススメです。例えば複利で年利3%で100万円を運用したとすれば、100万円は10年後には134万円になります。年利3%は投資の世界では高い数値ではなく、安全性の高い利回りです。たった3%でも、超低金利の銀行口座に預けておくよりはお金が増加します。

    貯金の代わりになる安全な投資の種類

    それではここから、投資にはどのような商品があるのかについて見ていきましょう。安全性の高いものから、ハイリスクだけれど利益の高い投資まで紹介します。

    国債

    国債は日本国が発券する借り入れの証券のことで、満期になると預けたお金が戻ってきます。国が元本と利子の支払いを保証しているため、投資の中では比較的安全性が高い商品となります。2018年現在、個人向け国債として3年と5年のタイプのものでは、金利が0.05%とされています。大きくお金を増やすことはできませんが、単に口座にお金を預けておくよりはお金を増やすことができます。

    投資信託

    投資信託はお金をプロに預けて、運用してもらう商品です。投資した人たちのお金をまとめて、様々な投資先に分散して運用し、そこから得た利益を投資した人たちに分配します。投資先も自分の好みで選択でき、元本が保証された安定した商品やハイリスクハイリターンの商品に投資することもできます。そのため投資のことを知らない初心者でも、簡単に投資をはじめることができます。

    積立投資

    「100円」という少額の資金から購入できる投資信託で、投資資金が少ない20代にオススメの商品です。また価格変動によって購入口数が変わるため、買い時を分けてリスク分散もできます。

    積立NISA

    投資運用によって得られた売却益や分配金の運用益が、非課税になる制度です。非課税期間は通常のNISAの5年間よりも長く、投資した年から最長20年間の収益が非課税となります。さらに年間投資枠は通常のNISAと比べて少なく、年間で40万円までと上限が決められています。投資しする商品は自分で自由に決められず、金融庁が厳選した投資信託と上場株式投資信託(ETF)となっています。それらは、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した一定の公募株式投資信託とETFとなっています。

    株式投資

    自分が購入したいと思う企業が発行する株式に対して、お金を出資することです。将来有望だと思ったり、応援したいと思う企業に対して出資を行います。利益を安定させるためには、企業の財務諸表や株式について勉強をしなければなりません。また相場は常に変動するため、継続して株の動きをチェックし続けるなど時間と労力を必要とします。

    不動産投資

    ビルやマンションといった建物に投資して、そこから得られる賃貸料などから利益を得ます。最初に初期投資が必要となりますが、計画的にローンを組むなど工夫することで莫大な資金を準備しなくても始めることができます。アパートなどから不動産収入を得られるようになれば、不労所得にもなるため老後の資金としても非常に有効な投資となります。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    資産運用を学ぶ前の準備についてお話します。 「どこに、どれだけ投資しようか」「有望なところはどこだろうか」。 こうしたこ...

    銀行や郵便局に預けているお金をただ遊ばせておくよりは、将来のために何かしらに投資したいものですね。それにより数万円でも増...

    ESG投資というのをご存知でしょうか?2006年に国連が「責任投資原則(PRI)」を提唱、投資家に対してESGの配慮を呼...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.