日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • 海外投資
  • >
  • 東南アジアの発展スピード
  • 東南アジアの発展スピード

    2019/09/26  海外投資

    大手さえ苦戦している日本の現状

    日本で新たなビジネスをしようとすれば、
    どの業界もパイの奪い合い。

    日本の未来を見て感じるのは
    この先、ITか健康か教育事業で、
    みんなが求める面白い事業をしないと
    生き残るのはきついということです。

    “日本人は未来人”
    “タイムマシーンビジネスをすれば良い”

    アジアに行くたびに本当に思うこと

    タイ(バンコク)はすでに出来上がってるいると
    思う人が多くいらっしゃいますが、
    まだ日本に比べたら違う仕掛け方が残っていますし、

    他の東南アジアにはチャンスが
    未だゴロゴロ転がっている状態です。

    東南アジアの最大の魅力

    ここで最大の魅力は、
    どの国も経済の発展の流れは一緒なので、
    私たち日本人は

    ①過去に戻ってビジネスが出来る事
    ②初期投資が(リスクも)少なくて済む事

    よって、私のようなスモール企業でも
    参入する余地が存在するということです。

    その気になれば、
    アジアに目を向け、仕掛け側になる事で、
    短気で爆発的な成長を遂げることは可能です。

    アジアでのビジネス戦略や
    資産構築法を今後もお伝えしていきますので、
    同じような思いや考えの人は是非ご覧下さい。

    ひと目わかるアジアの発展スピード

    画像①3年後の現在。

    画像②3年前はほとんどが森でした。

    アジアの発展スピードは
    恐ろしいほど早いです。

    これを見るとモタモタ生きているのが、
    勿体無いと感じてしまいます。

    この文章を読んでくださっているあなたも
    今すぐにでもアジアに目を向けていただければと思います。

     

    この記事を書いた人
    投資家 太郎
    投資家太郎

    メディア編集デスク(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    成長が見込める海外の国債。安全性や将来性が高いのであれば、魅力的な債券です。そこで、東南アジアにおける国債への投資につい...

    日本経済は、バブルが弾けたあと、しばらく低調な時代が続きました。一時と比較すると少しずつ株価も回復してきてはいますが、そ...

    フィリピンを投資対象として考えたとき、どんな価値があるのでしょうか。一方で、どのような不安材料があるのでしょうか。という...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.