日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • 海外投資
  • >
  • フィリピンへの投資を考えてみました。
  • フィリピンへの投資を考えてみました。

    2018/10/29  海外投資

    フィリピンを投資対象として考えたとき、どんな価値があるのでしょうか。一方で、どのような不安材料があるのでしょうか。ということで、フィリピンへの投資についてまとめてみました。

    フィリピンの価値を高めている英語の存在と人口バランス

    世界の共通語と言えば、英語に間違いありません。これを母国語としていない、あるいは英語とともに独自の言語が併用されている国が世界にはいくつか存在しています。東南アジアの中でその一つに数えられるのがフィリピンです。
    フィリピンの公用語はタガログ語及び英語となっており、多く住人が英語を操りながら日常会話や仕事の業務に関するやり取りを行うことができるのです。

    英語が使えるという点のみを見ても、大きなビジネスチャンスが眠っていると言えるでしょう。東南アジアの中でも投資対象として注目度が高くなっているのも頷けます。

    フィリピンの人口は既に1億人を突破。人口が順調に増え続けている点も注目度が高くなっている理由の一つですが、それ以上に、年齢ごとの人口の割合が非常に素晴らしい点も見逃せません。高齢者の割合が少なく、年齢が下がれば下がるほどその割合が多くなっているのです。端的に言えば、日本とは逆の状況であり、これから労働力となる人口が増え続けることは確実です。そうした現役世代が支える高齢者が少ないため、大きな負担を背負うことなくお金を生み出し且つ消費することができるのです。

    フィリピンの人口と年齢層ごとの割合を見ると、経済状況が最も良くなるのは、おそらく2070年あたりでしょう。かなり遠くに感じるかもしれませんが、何も2070年を目指して投資をする必要はありません。今から投資を始めれば、10年後や20年後でもリターンを得られる可能性は十分に考えられます。2050年には少子化がスタートすると見られていますが、それでもすぐに景気に悪影響が及ぶことは、まず考えられないでしょう。

    フィリピンへの投資で懸念されることとは

    フィリピンの価値を高めているのは、英語が扱えることと人口バランスだけではありません。鉱物資源も存在しており、このことからもポテンシャルは相当高いと考えることができるでしょう。

    ただ、フィリピンは、東南アジアの国々の中でもまだまだ貧困の問題が残っている印象は拭えません。自国でお金を生み出すのではなく、海外へ渡って外貨を獲得する人も多く、それが国の経済を支えている一面も見られます。しかし、ベトナムやインドネシアと遜色ないほど経済状況が良くなってきているのも事実です。既に述べているように英語が公用語となっていること、物価が安く人件費も抑えられるため、海外の企業の一部が事業をこの国に委託するなどの動きもあり、それも経済に良い刺激を与えているのです。フィリピンのETFへと投資を始めている人は、既にそれなりのリターンを得ているようですから、既に経済成長は始まり、勢いがつきつつあると見るのが一般的でしょう。

    懸念材料があるとすれば、治安ではないでしょうか。先ほど触れた貧困とも関係してきますが、フィリピンは犯罪が非常に多く、特に殺人などに発展するケースも少なくないという事情があります。事実、日本人が使用人として雇っていた男に銃で殺されるなどの事件も起きています。住友金属鉱山が現地に建設していた工場を武装集団に襲撃される、路線バスに仕掛けられた爆発物により多くの人が死傷するといった事件も起きていますが、いずれも2010年以降の出来事です。

    知人同士のいざこざが原因ならまだしも、テロやそれに近い形での犯罪がこれだけ頻繁に起きると、決して安心して現地で事業を行うことなどできません。フィリピン関連の金融商品であれば投資の価値があるかもしれませんが、例えばこの地に不動産を所有し運用しようであるとか、現地に企業を設立し、そこに暮らしながら事業を展開しようといった投資の仕方は少し考え直す必要が出てきそうです。

    命を失っては意味がありません。現地の状況を丁寧に調べた上で、どのような投資を行うのがベストなのかを決断するようにしてください。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    既に多額の投資が進んでいるタイ。まだまだ伸び続けるタイに魅力を感じる投資家はたくさんいらっしゃいます。基本的な情報も含め...

    中国の通貨「人民元」への投資は、どうなのでしょうか。 人民元とは 国内総生産で世界のトップを走るのはもちろんアメリカです...

    アジアの中でも大きな潜在能力を持つのが、実はマレーシアです。観光地としても人気が出ていますが、投資先としてはどうなのでし...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.