日本人のマネーリテラシー向上メディア
  • HOME
  • >
  • 国内不動産投資
  • >
  • 抵当権とは?抵当権抹消の手続きなどもわかりやすく解説します
  • 抵当権とは?抵当権抹消の手続きなどもわかりやすく解説します

    2020/03/29  国内不動産投資

    この記事を読んでいる皆さんは「抵当権」という言葉をよく目にしてはいませんか?
    抵当権というのは、売買契約でも賃貸借契約でも不動産そのものに設定されます。そして、ローン完済後に抹消できるものです。これだけではイマイチピンときませんよね、

    安心してください。今回の記事では、不動産の購入・運用の初心者人向けに「抵当権」について説明していきます。

    抵当権とは?

    不動産をローンで購入した時、その不動産に設定されるのが抵当権です。ローンを借りる人が万一に返済できなかった場合に備えて、金融機関がその土地や住宅を担保にとるという形です。抵当権が実行されたら、その住宅は差し押さえられて競売にかけられます。その落札金額がローンの返済に充てられる形で、金融機関はローンを回収できるのです。

    抵当権抹消とは?

    上の章で紹介した抵当権を不動産登記簿から抹消することを抵当権抹消と言います。住宅ローンを完済した時に法務局にてこの手続きを行います。返済後すぐに抹消しなくても大きな支障が生じるわけではありませんが、抵当権は登記簿上に残存するので売却時に手間になります。どちらにせよ、ローンを払い終わったら抵当権を抹消するための手続き書類が金融機関から届きます。基本的には、抹消手続きはできるだけ早く済ませるのが吉でしょう。

    抵当権抹消が必要なケース

    抵当権を抹消する必要が生じるケースは大きく分けて以下の3つです。

    不動産を売却するとき

    不動産を売却する場合、抵当権の抹消手続きが済まされていなければ認可を得られません。

    別の融資を受けるとき

    住宅ローンを返済し終えた上で、別のローンを借りる場合もあると思います。その場合は、それ以前の抵当権が抹消されている必要があります。

    不動産を相続するとき

    上記の2例とは異なり、相続の場合は抵当権が残っていても可能です。ただ、その場合は不動産に設定されている抵当権まで相続されてしまいます。
    相続後、新たなローンを借り入れたり売却することを想定すると、抵当権は抹消しておくべきですね。

    抵当権抹消するメリット

    さて、ここまでで抵当権抹消の重要性をご理解いただけたと思います。この章では、具体的なメリットを紹介していきます。

    • 売却時に買い手が見つかりやすくなる
    • 別のローンの審査をクリアしやすくなる
    • 完済後すぐの場合手続きがスムーズである

    主にこの3点が抵当権を抹消することによって得られます。手続きに要するコストとメリットを考えた時、抵当権を抹消しない手はないと言えますね。

    自分で抵当権抹消するには

    この記事を読んでいるあなたが、今後抵当権を抹消する目途があるならば、自身で手続きを行えると良いでしょう。そのために知っておくべき、全体の流れを示していきます。

    必要な書類

    登記申請書

    金融機関から取り寄せることができます。ローン完済後、送付されます。規則に沿って作成しなければ受理されないため要注意です。

    登記識別情報or登記済証

    これらは抵当権設定時に抵当権者に与えられます。登記申請書と同じく、ローン完済時に送付されます。

    登記原因証明情報(抵当権解除証書など)

    この証明情報に該当する書類もローン完済時に送付されるものです。必要書類には空欄が無いよう、記入漏れのチェックを入念に行いましょう。

    抵当権者の委任状

    こちらは抵当権者である金融機関が発行するものです。

    実際の流れ

    【1】ローン完済後、必要な書類が届く
    【2】申請する法務局を調べる
    【3】必要書類の入手と作成
    【4】法務局にて申請
    【5】手続き完了の書類を受け取る

    必要な費用

    登録免許税

    1つの不動産につき1,000円
    ※土地と建物の2つがある場合は2,000円

    登記事項正目所

    600円(オンライン請求の場合は500円)

    依頼で抵当権抹消するには?

    流れを読んでみて、難しいと感じる方もいると思います。そんなときは、専門家にお願いする方が確実です。依頼での抵当権抹消についての必要事項を押さえておきましょう。

    必要な書類

    司法書士宛の委任状

    その他の必要書類はご自身が手続きをする場合と変わりません。作成や入手を司法書士が担ってくれるので多忙な方には有難いですね。

    実際の流れ

    【1】ローン完済後、必要な書類が届く
    【2】司法書士事務所などに問い合わせ
    【3】手続き完了の書類を受け取る

    必要な費用

    登録免許税

    1つの不動産につき1,000円
    ※土地と建物の2つがある場合は2,000円

    司法書士への報酬

    相場は10,000円全後

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    「抵当権抹消」について理解できても、それが実行される場面はそう多くありません。それ故に、抵当権の抹消を後回しにする人は意外と多いのです、しかし、抹消手続きが必要な場面は急に訪れます。ローン完済後すぐに抹消しておいて、損することはありません。まずは自力で手続きを進めてみて、厳しいようであれば専門家に頼って早めに手続きを済ませておきましょう。

    この記事を書いた人
    投資メディア編集部
    投資メディア編集部

    日本人の投資を真剣に考えるメディア編集部スタッフ(一般社団法人日本社会投資家協会所属)です。
    私たちは、日本人に足りていないマネーリテラシーを高め、自己犠牲を伴わない社会貢献型の投資をお伝えしたく、日々活動しています。
    1つでも多く、みなさまのお役に立つ情報を提供していきますので、楽しんでいってください。

    オススメの記事

    沖縄県の宮古島というとどういうイメージを持つでしょうか?交通の便の悪さから多くの人で賑わうことは少なく、主にサトウキビの...

    沖縄より南西の海に浮かぶ石垣島。透明度の高い海や近辺の島のアクセスの良さから観光地として人気を博しています。特に、201...

    「心理的瑕疵物件」というのを聞いたことがあるでしょうか?「しんりてきかしぶっけん」と読み、「瑕疵」は「本来あるべき機能や...

    マネーリテラシー向上を高めるメールマガジン国内海外投資戦略

    日本および成長を続けるタイ、カンボジア、マレーシア、フィリピン、そして中国での投資、ビジネス、M&Aの最新情報を現地レポートも交えてお届けします。

    メルマガ登録はこちら

    一般社団法人 日本社会投資家協会
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
    協会活動内容
    • 国内&海外投資案件の監修
    • 各種講座、講演会、セミナー、その他イベントの企画、開催及び運営
    • 各種講座、講演会、セミナー、教育機関等への講師の派遣
    • 各種サービスの提供、仲介及び斡旋
    • 著作権、その他知的財産権の管理
    • コンサルティング業
    • 会員組織の運営
    Copyright ©2019 日本人の為の国内&海外投資戦略!! All Rights Reserved.